Te wo Arai mashou.

タグ: ジョン・キャメロン・ミッチェル

©️New Line Cinema

あなたは完全だ。

自分は全く完全ではなく、何かが欠けていると思っている人へ。欠けているなにかを探さなくてはいけないと思っている人へ。欠けているなにかなんて見つからないと諦めている人へ。そんなふうに考えたこともないという人へ。その他も含めた全ての人に言う。あなたは疑う余地なく完全だ。

今から、そのことを教えてくれる素晴らしい映画についての話をする。この映画は素晴らしいが、そのラストシーンに関して言えば分かりにくい。それでも、初めて観た時に僕はラストシーンで泣いた。それは、「Midnight Radio」を歌うヘドウィグが、自分自身が「完全」だと気づいていたからだ。

この記事は、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を見た人にも見たことがない人にも、ラストシーンを紐解き、なぜヘドウィグが「完全(whole)」であると言えるのかについて説明するものである。また、その補助線として、登場人物の名前の由来や、その由来となった人物のエピソードや単語に言及する。

まあ、格好をつけましたが、名前とかにも意味があって、結構重要なんだよというような話です。

Twitter あります