Te wo Arai mashou.

フラスコ飯店からのお知らせ

毎度おおきに、いつもご愛読いただきありがとうございます。

フラスコ飯店 編集長の川合です。

本日はご贔屓の皆様に大切なお知らせです。こうやって書くと後ろ向きに見えますが、とても楽しいニュースです! なんだか釣りっぽくてすみません。

前向きなお知らせを3つお届けします!

目次

①「フラスコの常連になって応援する会」をスタートします!
② 投げ銭、はじまります!
③ サイト継続決定!

お知らせ①
「フラスコの常連になって応援する会」をスタートします!

いつもいつも応援していただきまして感謝でございます。月並みの言葉ですが、これに尽きます。

文章での映画批評とは、言うなれば「長距離走」だなと思います。極論、車で移動すれば良いのに、それでも自分の足で走る奇怪な営みです。SNSや動画コンテンツが全盛の時代で、文章コンテンツーーそれも批評ーーなんて堅苦しいものが無くなったとして、世の中のほとんどはそう困らないでしょう。

短距離でバズるくらいは褒められるかもしれないけれど、長距離はそうじゃない。マラソン大会に優勝するよりも 50m で1位を獲るほうがよっぽど華やかだ。

もちろん好きでやっているのですが、しんどい日がないわけではありません。それでも続けていられるのは、応援してくださる皆様のおかげなのです。いつもいつも本当にありがとうございます。

しかし人間の業とは底知れず。

「もっと応援されたい」と思うようになってしまいました。恐ろしいですね。

そこで私たちは「フラスコの常連になって応援する会」を設立することを決めました。

「応援する会」を自ら立ち上げるなんて大変恐縮ですが、どうぞご参加ください。「応援する会」は codoc というサービスを通じてご提供するサブスクリプションです。しかし「サブスク」といっても登録は無料です。

お金はいただかなくとも、「賛同してもらっている!」という数が目に見えると大変励みになります。どうぞご贔屓にしていただけますと幸いです。

「サブスク」で何が届く?

もらってばかりじゃ芸がない。いただいた愛情は少しずつでも返さないといけない。

サイト上で会員限定のオリジナルコンテンツを配信したり、codoc を通じたメールマガジンのお届けを予定しております。

最初は本当にささやかなものになるかもしれません。最新の更新情報のお知らせ、執筆後記、編集後記、最近気になるエンタメの話など……。ほんの些細なことかもしれません。しかしそれでも読者の皆様と密にコミュニケーションをとれるよう努力していきたいと思います。

くどいようですがすみません、もう一度だけ貼らせてください。

Twitter または Facebook と連携してスムーズに会員登録することが可能なので、どうぞこの機会に是非!一生のお願いです!

「フラスコの常連になって応援する会」をどうぞご贔屓に宜しくお願いします!

お知らせ②
投げ銭、はじまります!

記事に「投げ銭」ができるようにしました。

先ほどの「常連になって応援する会」と同じく codoc さんのサービスです。正確には「はじまっています」の方が正しいのですが、あらためてお知らせさせていただきます。

「やるな」と思った文章にサポートいただければ幸いです。心の励みになります。

いただいたお代はさらなる記事制作の予算として大切に使わせていただきます。

Google Pay や Apple Pay にも対応しております。こちらも気が向きましたらご贔屓に。

お知らせ③
サイト継続決定!
どこも厳しいけど、なんとか頑張ります!

あれよあれよという間にフラスコ飯店は今年で3年目。今期もなんとか乗り切りまして、継続することができました。

「あそこのディアが閉じた」「どこの発行部数が減った」「あそこは炎上して自滅寸前」

暗い噂もよく耳にします。キャッシュを生まないメディアは生き残るのが難しい現状です。意味がないのだと淘汰される。意味がないから意味があるのに。

ごめんなさい、最後の最後でちょっと愚痴っぽくなってしまいました。すみません。

ともあれ、この春からもバリバリ頑張ります!

今後ともフラスコ飯店をどうぞご贔屓によろしくお願い致します。

フラスコ飯店 編集長
川合裕之

▷お問い合わせ
frasco.htn@gmail.com

▼フラスコのZINE、BASEで販売しています!

> 詳しくはコチラから <

フラスコ飯店の最新の更新をチェックしてみてください!

上のイラストをクリックすると遷移します

最近のフラスコ飯店

恥じるな、見ろ。|映画『燃えよデブゴン Tokyo Mission』

|映画『あのこは貴族』”>どうしても比べてしまうわたしたちの、これからの選択|映画『あのこは貴族』

|岸政彦『リリアン』”>つながることができた、あの一瞬の記憶|岸政彦『リリアン』

予習考察! 『トムとジェリー』はなぜ愛されるのか?

最近の投稿

「フラスコ飯店」は映画を通して新しい視点や知識を楽しめるwebメディアでございます。またのご来店をお待ちしております。

Twitter あります